短時間で良質な睡眠を得るには

短時間で良質な睡眠を得、疲労回復をするためにはどうしたらいいのか。自分で調べたことをまとめています。

短時間で良質な睡眠を得るには

短時間で良質な睡眠を得るには 疲労回復に重要な睡眠。諸説あるようですが、睡眠時間は8時間がいいという話をよく聞きます。1日の3分の1にあたるので、単純に考えて、人生の3分の1は眠っていると考えていいでしょう。そう考えると、もう少し短くてもいいような気がしますし、それだけの時間を使うのであれば、しっかり疲れを取りたいですよね。では、短い睡眠時間でも翌日に疲れを持ち越さないような方法はあるのでしょうか。調べた結果、睡眠の質を上げれば、短時間の眠りでも疲労回復できるということが分かりました。

その質の上げ方ですが、まずはリラックスした状態でベッドに入ること。もちろん気持ちの面や体がリラックスしていることも重要ですが、脳がリラックスしているということも重要です。寝る前に強い光を浴びたり大きな音を聞いたりしまうと、脳が活発に動き始め、ベッドに入っても眠れないということになってしまいます。そのため、寝る1時間くらい前までに携帯電話やスマートフォン、パソコンを見るのはやめましょう。そのほか、寝具を変えたり、寝室環境を整えたりすることで、寝ている間も体と脳がリラックス状態を持続することができ、深い睡眠に繋がります。結果、短時間での疲労回復にも繋がるので、まずはブルーライトを浴びないこと、寝る環境を整えることを実践してみてはいかがでしょうか。